• 道の駅むなかた
  • 吉野家オフィシャルサイト
  • 健康体力研究所
  • KENWOOD
  • JVC Web サイト
  • ブリーフィング
  • RENAULT JAPON  Official Web Site
  • Michel Herbelin
  • レ・グラン・シェ・ド・フランス
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン
  • 株式会社ゼネラルアサヒ

トピックス
Topics

シーズン終了のご挨拶

2020年05月07日(木)

いつも宗像サニックスブルースにご声援いただき、誠にありがとうございます。
コーリー・ブラウン ヘッドコーチと福坪龍一郎キャプテンからのシーズン終了のご挨拶を掲載させていただきます。

【コーリー・ブラウン ヘッドコーチ】


悲しいことに、早期終了となった、2020年のトップリーグ。シーズン終了にあたって、支えてくださった皆様に、心から感謝申し上げたいと思います。サニックスのヘッドコーチに就任して1年目、選手やスタッフが前進できるように、日々、チャレンジしてきました。そして、チームの一人ひとりがそれによく応えて懸命に努力し、前進して、試合に勝ち、魅力的なサニックスのラグビーを見せてくれたことに、私自身、大変感銘を受けました。サニックスのチーム全員、ラグビーが帰ってくる日を楽しみにしています。その日が来るまでは、私たちは、一人ひとりの場所で、トレーニングしながら、準備をしていきます。どうか、皆様お一人おひとりと皆様のご家族やご友人が安全でありますように。いまは、それが一番大切なことと思われてなりません。

【福坪龍一郎キャプテン】


今シーズンも応援ありがとうございました。最後までシーズンを続けることができなかったのは、残念でしたが、一人ひとりの健康が一番大事だということを考えると、正しい判断だったと思います。今年は、個人の能力を上げることとボールを動かすラグビーをすることにフォーカスしてきて、その努力が試合でのパフォーマンスに繋がりました。ただ、私たちが目指しているものは、もっと高いところにあります。いまから来シーズンに向けて一人ひとりの場所で準備をし、さらにレベルアップをしていきます。またラグビーができる状況になりましたら、これまでどおり、グラウンドに練習見学に来ていただき、試合も観に来ていただきたいと思います。その日が来るまで、みんなで、いまの困難を乗り越えていきましょう。