試合日程・結果
Games

2021-22 プレシーズンマッチ 

サニックス玄海グラウンド
2021/10/23 (土) 14:00K.O.


宗像サニックスブルース
1st. 0-7
2nd. 12-3
3rd. 12-7

マツダスカイアクティブズ広島
TGPTPGDGスコアTGPTPGDG
0000001st711000
21000122nd300010
21000123rd711000
4200024合計1722010
T:トライ [5点]  G:コンバージョンゴール [2点]  PT:ペナルティトライ [7点]  PG:ペナルティゴール [3点]  DG:ドロップゴール [3点]
1
PR
ファイアラガ 望 サムエル
2
HO
高島 卓久馬
3
PR
寺脇 駿
4
LO
牧野内 翔馬
5
LO
野田 響
6
FL
鶴岡 怜志
7
FL
殿元 政仁
8
No.8
吉田 光治郎
9
SH
三股 久典
10
SO
香川 凜人
11
WTB
濱里 耕平
12
CTB
王 授榮
13
CTB
森林 啓斗
14
WTB
八文字 雅和
15
FB
屋宜 ベンジャミンレイ
16
Re.
申 東源
17
Re.
加藤 一希
18
Re.
村上 翔梧
19
Re.
倉屋 望
20
Re.
宮﨑 達也
21
Re.
西井 利宏
22
Re.
田淵 慎理
23
Re.
花田 広樹
24
Re.
新井 信善
25
Re.
木下 皓太
26
Re.
土永 雷
27
Re.
石垣 航平
28
Re.
岩下 丈一郎
29
Re.
カーン・ヘスケス
30
Re.
山田 大生
31
Re.
髙野 恭二
32
Re.
練習生
33
Re.
練習生
34
Re.
練習生

選手入替/交替

2nd0分(入替)
ファイアラガ→加藤
 
2nd0分(入替)
高島→倉屋
 
2nd0分(入替)
寺脇→申
 
2nd0分(入替)
鶴岡→田淵
 
2nd0分(入替)
殿元→花田
 
2nd0分(入替)
吉田→新井
 
2nd0分(入替)
三股→木下
 
2nd0分(入替)
香川→練習生
 
2nd0分(入替)
濱里→髙野
 
2nd0分(入替)
王→岩下
 
2nd0分(入替)
森林→石垣
 
2nd0分(入替)
屋宜→山田
 
2nd11分(入替)
牧野内→西井
 
3rd0分(入替)
加藤→練習生
 
3rd0分(入替)
倉屋→宮﨑
 
3rd0分(入替)
申→村上
 
3rd0分(入替)
花田→鶴岡
 
3rd0分(入替)
新井→吉田
 
3rd0分(入替)
木下→土永
 
3rd0分(入替)
練習生→練習生
 
3rd0分(入替)
石垣→王
 
3rd0分(入替)
八文字→ヘスケス
 

得点経過

1st K.O. 宗像サニックスブルース

宗像サニックスブルース 種類 時間
得点
種類 マツダスカイアクティブズ広島
   

7’

0-5
マツダスカイアクティブズ広島
   

7’

0-7
マツダスカイアクティブズ広島

2nd K.O. マツダスカイアクティブズ広島

   

1’

0-3
ツダスカイアクティブズ広島
練習生

9’

5-3
   
練習生

9’

7-3
   
木下 皓太

28’

12-3
   

3rd K.O. マツダスカイアクティブズ広島

田淵 慎理

6’

5-0
   
髙野 恭二

9’

10-0
   
練習生

9’

12-0
   
   

12’

12-5
マツダスカイアクティブズ広島
   

12’

12-7
マツダスカイアクティブズ広島

 

マッチレポート

今シーズン初めての試合は、マツダスカイアクティブズ広島(以下、SA広島)をサニックス玄海グラウンドに迎え、1st、2nd、3rdの3本で行った。

 

試合はブルースのキックオフで始まった。先制したのはSA広島。7分に、ハーフウェイ付近からディフェンスの隙をつかれてゲインされ、そのままトライをとられた(0-7)。ブルースもトライを狙い、何度もボールを動かしてアタックを仕掛けてゴール前まで攻め込んだが、トライには至らず、このまま0-7で1本目を終了。

 

2本目も先に得点したのはSA広島。1分に自陣のペナルティからSA広島にペナルティゴールを決められた(0-3)。しかしブルースは9分、ゴール前のスクラムから新井がボールを持ち出して前に出て、ラックから展開してトライを決めた(7-3)。その後、一進一退の攻防が続いて、得点が動いたのは28分。ブルースは敵陣22m付近のラックから田淵が抜け出して、ゴール前のラックから、木下が相手ディフェンスの隙をついてそのままインゴールに飛び込んでトライを決めて、12-3で2本目を終了。

 

3本目、先に得点したのはブルース。6分に敵陣22m付近のペナルティから素早く仕掛けて、フェイズを重ねて前進し、最後はゴール前のラックから、田淵がインゴールに飛び込んでトライを決めた(5-0)。続く9分には、自陣10m付近のラックから展開し、吉田からオフロードパスを受けた山田が大きくゲイン。ゴール前でタックルされたが、フォローしていた髙野にパスを繋いで、髙野がインゴールに飛び込んでトライを決めた(12-0)。その後、12分にSA広島にトライをとられ(12-7)、終了間際にもSA広島にゴール前まで攻め込まれたが、粘り強いディフェンスでトライを許さず、このまま12-7で3本目を終了した。

 

松園正隆監督コメント

「今日はJAPAN RUGBY LEAGUE ONEに向けて、新チームで試合ができたことに感謝しています。初戦ということもあり、チーム全体から少し緊張している雰囲気を感じました。試合は、たくさんの観客の皆様からの応援が選手たちのチカラとなり、最後まで諦めることなく戦うことができました。勝ち(価値)の大切さを一つ一つ積み重ねながら、開幕戦に向けてチームとして成長していきます。本日は玄海グラウンドまでお越しいただいたマツダスカイアクティブズ広島の皆様をはじめ、レフリーの皆様、最後まで応援していただいた皆様、ありがとうございました」

 

ダミアン・カラウナ ヘッドコーチコメント

「新チームとして素晴らしいスタートになりました。この試合で私たちは目的を持ってプレーし、選手たちはアタックで素晴らしいスキルを、ディフェンスでは誇りを見せてくれましたが、前に進むための課題はたくさんあります。このチームはこれからもっと良くなります。初戦で多くのファンの皆様にお会いできたことは、とてもうれしく、感謝しています。良い一日でした」

 

屋宜ベンジャミンレイキャプテンコメント

「新体制になって初めての試合は、課題が多く残るものとなりましたが、日々の練習とはまた違った緊張感で挑むことができました。今回出た課題を一つ一つ改善していき、開幕戦に向けて、チームとして成長できるように準備していきます。今日は北風が冷たい中、グラウンドでの応援、またライブ配信での応援、ありがとうございました」

 

高島卓久馬バイスキャプテンコメント

「今シーズン、初めての試合ということで、キックオフからブルースのリズムで戦いたかったのですが、フォワードのセットピースからリズムを崩してしまい、1本目はマツダスカイアクティブズ広島さんのペースでの試合になってしまいました。2本目になると、ようやくブルースのランニングラグビーができて、良いトライをとることができました。今日出た課題を、次の試合までに修正して、キヤノン戦に臨みたいと思います。今日、お越しいただいたファンの皆様、ありがとうございました。まだまだブルースらしいラグビーをお見せできていないので、これからの試合を楽しみに待っていてください」

PHOTO GALLERY

1 2 3 4 5 6 7 8