試合日程・結果
Games

NTT JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2022 

ミクニワールドスタジアム北九州
2022/03/20 (日) 14:30K.O.


宗像サニックスブルース
25
11前半13
14後半7
20

九州電力キューデンヴォルテクス
TGPTPGDGスコアTGPTPGDG
1002011前半1311020
1110014後半711000
2112025合計2022020
T:トライ [5点]  G:コンバージョンゴール [2点]  PT:ペナルティトライ [7点]  PG:ペナルティゴール [3点]  DG:ドロップゴール [3点]
1
PR
加藤 一希
2
HO
隈本 浩太
3
PR
パディー・ライアン
4
LO
西井 利宏
5
LO
タタナ ダラス
6
FL
吉田 光治郎
7
FL
吉田 光治郎
8
No.8
ジョセフ・トゥペ
9
SH
土永 雷
10
SO
コビー・ミルン
11
WTB
八文字 雅和
12
CTB
王 授榮
13
CTB
石垣 航平
14
WTB
髙野 恭二
15
FB
屋宜 ベンジャミンレイ
16
Re.
高島 卓久馬
17
Re.
ファイアラガ 望 サムエル
18
Re.
寺脇 駿
19
Re.
野田 響
20
Re.
鶴岡 怜志
21
Re.
三股 久典
22
Re.
スコット・カリー
23
Re.
トロケ マイケル
1
PR
池田 圭治
2
HO
岡 輝剛
3
PR
大野 和真
4
LO
レイ ・タタフ
5
LO
トム ・ロウ
6
FL
高井 迪郎
7
FL
山田 有樹
8
No.8
ウォーカー アレックス拓也
9
SH
児玉 大輔
10
SO
松下 彰吾
11
WTB
萩原 蓮
12
CTB
フィル ・バーリー
13
CTB
サム ・ヴァカ
14
WTB
磯田 泰成
15
FB
加藤 誠央
16
Re.
安里 大吾
17
Re.
鹿子島 良輔
18
Re.
鎌田 慎平
19
Re.
石松 大空
20
Re.
小原 渉
21
Re.
小森 光太郎
22
Re.
中靏 憲章
23
Re.
早田 健二

選手入替/交替

後半0分(入替)
加藤→ファイアラガ
後半14分(入替)
ウォーカーアレックス→小原
後半0分(入替)
トゥペ→鶴岡
後半19分(入替)
タタフ→石松
後半14分(入替)
隈本→高島
後半21分(入替)
岡→安里
後半26分(入替)
ミルン→カリー
後半31分(入替)
児玉→小森
後半31分(入替)
タタナ→野田
後半36分(入替)
磯田→早田
後半36分(入替)
石垣→トロケ
後半38分(入替)
大野→鎌田
後半40分(入替)
土永→三股
 

得点経過

前半K.O. 宗像サニックスブルース

宗像サニックスブルース 種類 時間
得点
種類 九州電力キューデンヴォルテクス
王 授榮

13’

5-0
   
   

17’

5-5
岡 輝剛
   

18’

5-7
萩原 蓮
コビー・ミルン

21’

8-7
   
   

29’

8-10
萩原 蓮
コビー・ミルン

32’

11-10
   
   

41’

11-13
萩原 蓮

後半K.O. 九州電力キューデンヴォルテクス

パディー・ライアン

11’

16-13
   
コビー・ミルン

13’

18-13
   
   

24’

18-18
サム・ヴァカ
   

25’

18-20
萩原 蓮
宗像サニックスブルース

37’

25-20
   

 

マッチレポート

NTT JAPAN RUGBY LEAGUE ONE 2022 第8節、九州電力キューデンヴォルテクス(以下、九州KV)との今シーズン2回目となった福岡ダービーは、福岡県北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で、ブルースのホストゲームとして行われた。

 

試合はブルースのキックオフで始まった。先制したのはブルース。13分、敵陣10m付近のラインアウトからアタックを仕掛けて、隈本が相手ディフェンスの空いたスペースを突いて、大きくゲイン。そこからパスを繋いで、敵陣ゴール前まで攻め込んでラックから、王がボールを持ち出し、そのままインゴールに飛び込んでトライをとった(5-0)。17分に九州KVにトライをとられたが(5-7)、ブルースは21分にミルンがPGを決め逆転した(8-7)。その後、29分に九州KVが、32分にブルースがペナルティゴールをそれぞれ決めて、得点を追加したが(11-10)、前半終了間際の41分に九州KVにペナルティゴールを決められて、11-13で前半を終了。

 

後半も先に得点したのはブルース。11分、敵陣ゴール前のスクラムからアタックを仕掛けて、ラックから、相手ディフェンスの空いたスペースに勢いよく走り込んできたライアンが、そのまま相手タックラー2人を引きずりながらインゴールに飛び込んでトライをとった(18-13)。しかし、24分に九州KVにトライをとられて逆転された(18-20)。逆転を狙うブルースは30分、屋宜が敵陣10m付近からペナルティゴールを狙ったが決まらなかった。その後もブルースは攻め続け、37分、敵陣ゴール前のペナルティからスクラムを選択。フォワードがスクラムを押し込んで、途中でスクラムが崩れたが、これが九州KVが故意にスクラムを崩したと判定され、ペナルティトライとなった(25-20)。このまま25-20で試合は終了した。

 

この試合の「プレイヤー・オブ・ザ・マッチ」にはパディー・ライアン選手が選ばれた。

 

また「株式会社ジェイコム九州 マン・オブ・ザ・マッチ」にもパディー・ライアン選手が選ばれた。

 

松園正隆監督コメント

「今日の試合は、福岡ダービーということでお互いに負けられない試合で、また両チームとも勝点が並んでいる状況で、上位に行くためにはどうしても負けられない試合でした。お互いにそれはわかっている状況での試合だったので、試合内容を見ても、それぞれが意地を出した試合になりましたが、最後の最後で勝利ができてよかったです」

 

ダミアン・カラウナ ヘッドコーチコメント

「本当に苦しい試合展開になりました。九州電力は本当にミスが少なかった。今日の試合は、ダービー戦ということで、お互いリスペクトしていますし、本当にいい試合だったと思いますが、これから勝利を重ねていくためには、修正して、改善していかないといけない部分はたくさんあります。今日はすごくワクワクする試合でした」

 

屋宜ベンジャミンレイ キャプテンコメント

「福岡ダービーで絶対に負けられない試合でしたが、勝ててよかったというのが今の気持ちです。しかし、簡単なミスが多くて、用意していたアタックのバリエーションをもっと使いたかったのですが、九州電力さんの、特にラインアウトでのプレッシャーが強くて、そこからのアタックがうまく機能しなかったので、リズムに乗れず、苦しい試合展開になりました」

 

パディー・ライアン選手コメント

「今日の試合は、ブルースにとって非常に重要な試合でした。九州電力と対戦するのは最後になるかもしれないので、ライバルとして試合に勝利して終わらせる必要がありました。我々はチームとして、そしてサポーターの皆様の力を借りて、それを達成することができました。本当に私たち全員を誇りに思います」

 

髙野恭二選手コメント

「今日の試合は、九州電力さんにディフェンスでプレッシャーを掛けられ、ミスや反則を繰り返してしまいましたが、フォワードがセットプレーを安定させて、相手にプレッシャーを与えてくれたので勝利することができました。また、自分が育った北九州の地でラグビーができて、試合に勝利できたことを本当にうれしく思います。次回も応援をよろしくお願いします」

Photo Hiroaki.UENO

PHOTO GALLERY

1 2 3 4 5 6 7 8 9