• 道の駅むなかた
  • 吉野家オフィシャルサイト
  • 健康体力研究所
  • KENWOOD
  • JVC Web サイト
  • ブリーフィング
  • RENAULT JAPON  Official Web Site
  • Michel Herbelin
  • レ・グラン・シェ・ド・フランス
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン
  • 株式会社ゼネラルアサヒ

鳶(カイト)通信
Press Officer Kite Column

No.296 トップリーグカップ2019開幕とポジティブ

2019年06月23日(日)

ジャパンラグビー トップリーグカップ2019 プール戦 第1節[ 試合結果 

2019年6月22日(土)KICK OFF 12:00 滋賀県 布引グリーンスタジアム

宗像サニックス ブルース vs NTTドコモレッドハリケーンズ 5:33(前半5:19)

 

(試合メンバー)
1.佐々木駿 2.隈本浩太 3.尾池亨允 4.加藤一希 5.福坪龍一郎 6.下山翔平 7.濱里祐介 8.サム・チョンキット 9.山岡 楽 10.香川凜人 11.山田大生 12.今村雄太 13.王 授榮 14.カーン・ヘスケス 15.髙野恭二 16.王 鏡聞 17.申 東源 18.村上翔梧 19.西井利宏 20.ダラス・タタナ 21.鶴岡怜志 22.金城 佑 23.濱里周作

 

(試合経過)

 ブルースのキックオフで試合は始まった。先制したのはブルース。9分、自陣ゴール前で相手のパスをインターセプトしたチョンキットが、そのままディフェンスを振り切って90mを走り切り、トライを決め、先制した(5-0)。しかし、14分、NTTドコモにトライをとられて逆転されると(5-7)、23分にもトライをとられ、差を広げられた(5-14)。差を縮めたいブルースは、ボールを動かしてアタックを仕掛けたが得点には至らなかった。34分に、NTTドコモにトライをとられて、5-19で前半を終了。後半は、7分、NTTドコモにトライをとられ先制された(5-26)。その後、お互いにボールを動かしてアタックを仕掛け、一進一退の攻防が続いた。得点が動いたのは22分、NTTドコモにトライをとられて、さらに差を広げられた(5-33)。ブルースもトライを狙い、セットプレーからアタックを仕掛けたが得点には至らなかった。このまま、5-33で試合は終了。

 

チーム広報コラム(296)

「トップリーグカップ2019開幕とポジティブ」

 

 2019年6月22日。一年で一番昼間が長い夏至。前日の大雨とは大違いの青空の下、真夏のような暑さの滋賀県で行われたブルース トップリーグカップ2019の第1節は、NTTドコモを相手に、5対33の大敗。新たにコーリー・ブラウンをヘッドコーチに迎えて歩みだしたばかりの新生ブルースにとって、その公式戦初戦がほろ苦い結果となったのは事実。それでも、メンタル面でのポジティブな指導がラグビー界で高く評価されている、この新ヘッドコーチはひたすら前を向く。「前の試合(オープン戦)より、具体的に改善されてきた。なによりも、そこが大事」。同時に、今季からキャプテンに就任し、その表情に精悍さが増した、福坪龍一郎選手も、「今季は副将が置かれず、主将一人だけなので、とても一人で全部を見ることはできない。だからこそ、一人ひとりが“チームのために”と考えて、誰でも発言できる環境をつくってきた。それは、チームにとって大きな前進」と、どこまでも前を向きました。ブルース、次の試合は、6月29日、北九州で、NTTコミュニケーションズと戦います。

 

コーリー・ブラウン ヘッドコーチコメント

「先日のオープン戦と比較すると、バックスとフォワードがディフェンスの練習を懸命に続けてきた成果が出て、ずいぶん改善されました。セットピースも上手くいって、スクラムも強かった。課題として残ったのは、キックを使ってテリトリーがとれなかったことと、エグジットとフィールドポジションをコントロールできないために、自陣から脱出できなかったこと。ハンドリングエラーや判断ミスも出て、相手にボールを渡してしまいました。次週の試合に向けては、こういった課題に集中して取り組みます」

 

福坪龍一郎キャプテンコメント

「カップ戦初戦は、勝って勢いに乗りたい試合でしたが、このような結果で残念です。ただ、チームとして、プラスのこともいくつかありました。まだまだ満足できるレベルにはありませんが、プレシーズンに比べて、ディフェンスが大幅に改善されたところは、自信を持っていいと思います。あとは、それを80分間続けられるかどうか……。他にも、新卒入団の選手3名が即戦力としてピッチに立ってくれたことは、チームとしては嬉しいことでした。次週に向けて、一つひとつのプレーの精度を、上げていきます。キャプテンになって、勝つことに対する責任を感じています。プロチームとして存在意義は勝つこと。試合前も勝つことにこだわろうと話しました。今回の試合、個人的な反省としては、まず、チームが自陣からなかなか脱出できないときに的確な指示を出せなかったこと。課題は全部、次週の試合に向けて修正していきます。チームを鼓舞するためにみんなに声をかけ続けられたことは良かったと思っています」

 

宗像サニックス ブルース チーム広報
野口眞弓