• 道の駅むなかた
  • 吉野家オフィシャルサイト
  • 健康体力研究所
  • KENWOOD
  • JVC Web サイト
  • ブリーフィング
  • RENAULT JAPON  Official Web Site
  • Michel Herbelin
  • レ・グラン・シェ・ド・フランス
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン
  • 株式会社ゼネラルアサヒ

鳶(カイト)通信
Press Officer Kite Column

No.278 九電戦圧勝とチーム力

2018年08月05日(日)

オープン戦[ 試合結果 ]

2018年8月4日(土)KICK OFF 15:00 福岡県 サニックス玄海グラウンド

宗像サニックス ブルース vs 九州電力キューデンヴォルテクス 63:24(前半28:17)

 

(試合メンバー)
1.佐々木駿 2.王 鏡聞 3.申 東源 4.福坪龍一郎 5.加藤一希 6.サム・チョンキット 7.鶴岡怜志 8.濱里祐介 9.濱里耕平 10.田代宙士 11.屋宜ベンジャミンレイ 12.アヒオ シリバ 13.ジェイソン・エメリー 14.カーン・ヘスケス 15.アンドレ・テイラー 16.谷 竣輔 17.隈本浩太 18.星本泰憲 19.西井利宏 20.小杉龍斗 21.ロビンス ブライス 22.下山翔平 23.金堂 礼 24.金城 佑 25.濱里周作 26.王 授榮 27.南橋直哉 28.森林啓斗 29.山田大生 30.盛田 気

 

(試合経過)

  ブルースのキックオフで試合は始まった。先制したのはブルース。1分、敵陣10mのラインアウトから濱里(耕)が大きくゲインし、パスを受けた屋宜がインゴール中央にトライを決めて先制した(7-0)。その後、九州電力に9分と11分にトライをとられ (7-14)、15分にはペナルティゴールを決められた(7-17)。しかし、ブルースは23分、テイラーがトライを決めて差を縮め (14-17)、続く28分、敵陣22m付近のラックから左に展開し、パスを受けたエメリーが大きくゲインすると、タックルされながらパスを繋いで、田代、申、ふたたびエメリーとパスが繋がって、ディフェンスをかわし、インゴール中央にトライをとって、逆転(21-17)。続いて、ブルースは、37分にもエメリーがトライをとって、28-17で前半を終了。後半も先に得点したのはブルース。1分、敵陣22m付近のラックから右に展開し下山からパスを受けた盛田がタックルをかわして、インゴール右隅に飛び込んでトライを決めた(35-17)。ブルースは10分に西井、17分に盛田、21分に濱里(周)がトライをとり、差を広げた(56-17)。27分に九州電力にトライをとられたが(56-24)、試合終了間際の40分に隈本がトライを決め、63-24で試合は終了した。

 

チーム広報コラム(278)

「九電戦圧勝とチーム力」

 

 気温34度の宗像で行われた今回の九電戦は、前半、多少梃子摺ったものの、最終的には、ブルースが大差をつけての圧勝。早いものでトップリーグ開幕まで一カ月を切り、ブルースでも、チームとして一つにまとまっていくための細かな作業が急ピッチで行われているわけですが、「スーパーラグビーから来た外国人選手たちも、すぐにシステムを覚えてくれると思います」と藤井雄一郎監督が話しているように、サポーターの皆様に楽しんでいただけるような、一つにまとまった良い「チーム」として、8月31日、開幕戦のピッチに立つことをお約束したいと思います。どんなトラブルやミスが起こったとしても、最終的に帳尻合わせをして良い結果を残すために必要なのは、充分なコミュニケーションというものに根ざされたチーム力でしょう。そのチーム力を最大限に高めて、トップリーグの新シーズンに臨みたいと思います。ブルース、次の試合(オープン戦)は、8月18日、神戸で神戸製鋼と戦います。

 

藤井雄一郎監督コメント

「今回の試合はサインプレーを使わずに行いました。前半はミスが出て、少し梃子摺ったところもありますが、慌てずに対応できたと思います。後半は良かった。今回の試合は、次の神戸製鋼とのオープン戦へのセレクションも兼ねていたので、今日良かった選手を出そうと思っています」

 

福坪龍一郎ゲームキャプテンコメント

「今回は、ゲームの入りを意識していました。しかし、いくつかミスが重なり思うようなゲーム展開に持っていけませんでした。もっとミスに対して厳しく、ミスが起きたときに全員でフォローすることが必要だと感じました。そこは、これから修正したいと思います。良いところとしては、後半から出場したメンバーがアグレッシブにボールを継続してアタックしていたところ。チーム全員にとって、良い刺激になったと思います。チーム内で切磋琢磨して、トップリーグ開幕までレベルアップしたいです。暑いなか、グラウンドに来て応援してくださった皆様、ありがとうございました」

 

隈本浩太選手コメント

「今回の試合は、ミスはありましたが、練習でやったことができていました。自分自身としても、スローイングでミスしなかったところは良かったと思います。開幕まであとわずかですが、残りの練習に励んで、修正すべきところはちゃんと修正したいと思います」

 

ジェイソン・エメリー選手コメント

「試合の入りの部分で、こちらのミスもあって、九電に勢いづかせ、トライを許してしまいましたが、前半の残り20分か15分ぐらいで、ボールをキープして、ストラクチャーを守って、跳ね返すことができました。後半はとても良かったと思います。ボールをよくまわして、良いトライを何度もとることができました。ともかく、すごく暑かったです」

 

宗像サニックス ブルース チーム広報
野口眞弓