• 道の駅むなかた
  • 吉野家オフィシャルサイト
  • 健康体力研究所
  • KENWOOD
  • JVC Web サイト
  • ブリーフィング
  • RENAULT JAPON  Official Web Site
  • Michel Herbelin
  • レ・グラン・シェ・ド・フランス
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン
  • 株式会社ゼネラルアサヒ

鳶(カイト)通信
Press Officer Kite Column

No.249 ブルース 第12節~松園選手 TL最年長出場記録達成と競技の成熟~

2016年12月19日(月)

トップリーグ2016-2017 第12節 [ 試合結果 ]

2016年12月18日(日)KICK OFF 13:00 宮崎県 KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場

宗像サニックス ブルース vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 7:33(前半0:19)

 

(試合メンバー)

1.高島卓久馬 2.星本泰憲 3.髙野大智 4.秋田太朗 5.福坪龍一郎 6.濱里祐介 7.田村衛土 8.ジャック・ポトヒエッター 9.猿渡 知 10.福﨑竜也 11.王 授榮 12.ロビンス ブライス 13.ドウェイン・スウィーニー 14.カーン・ヘスケス 15.屋宜ベンジャミンレイ 16.隈本浩太 17.ヘンカス・ファン・ヴィック 18.松園正隆 19.西井利宏 20.金堂 礼 21.濱里耕平 22.權 正赫 23.名富 朗

 

(試合経過)

 ブルースのキックオフで試合は始まった。先制したのはNTTコミュニケーションズ。7分にトライをとられ先制されると(0−7)、14分にもトライをとられ、差を広げられた(0−14)。ブルースはトライを狙いアタックを仕掛けたが得点には至らない。34分にNTTコミュニケーションズにトライをとられ、0−19で前半を終了。後半も先に得点したのはNTTコミュニケーションズ。8分にトライをとられると(0−26)、28分にもトライをとられ、差を広げられた(0−33)。何とかトライが欲しいブルースは、試合終了間際の40分、敵陣ゴール前のラインアウトからアタックを仕掛け、ゴール前のラックから、フォワードが近場を攻め、最後は西井がインゴールに飛び込んでトライを決めた(7−33)。このまま7−33で試合は終了した。

 

チーム広報コラム(249)

「ブルース 第12節~松園選手TL最年長出場記録達成と競技の成熟~」

 

 松園正隆選手。43歳と2日。2017年12月18日、宮崎県で行われた対NTTコミュニケーションズ戦に後半の残り10分間出場し、松田努さんが東芝で2012年2月5日に樹立した、41歳9カ月5日というトップリーグ最年長出場記録を見事、塗り替えました。松園選手自身が「記録更新は今シーズンの一つの目標だった」と試合後に発言しているように、そのマイルストーン達成を共に祝うためにも、ブルースにとってはどうしても勝利したかった試合でしたが、残念ながら、7対33のスコアで敗戦。ただ、今日、ベテランの松園選手がピッチ上で見せてくれた勇姿は、ブルースをまた立ち上がらせてくれるはずです。あらゆる競技のアスリートにとって、未来に胸をときめかせながら目の前の戦いに懸命に取り組むことと、記録を重視し先人を尊敬することは、同じぐらい大切なこと。記録や先人を軽視する競技が成熟できるはずもないからです。今季も残り3試合。若手も中堅もベテランも一緒になって勝ちに拘りながら、ブルースの歴史を築いていきたいと思います。ブルース、次の試合は、12月24日、レベルファイブスタジアムで、パナソニックと戦います。

 

藤井雄一郎監督コメント

「怪我人も出たり、出場停止の選手もいたりで、苦労する部分もありましたが、来週にはそういった選手たちが帰ってきます。今日の試合は一生懸命やったのですが、ミスが出てしまって、相手の強いセットプレイもあり、点差がひらいてしまいました。トップリーグ最年長出場記録を塗り替えた松園選手については、怪我人も出た台所事情もあってチャンスが巡ってきた流れでしたが、スクラムもベテランらしく、後半残り10分間を、押されることなく、活躍してくれたと思います」

 

田村衛土キャプテンコメント

「今日の試合は、フェイズを重ねるなかでミスが出て、点に繋がりませんでした」

 

松園正隆選手(トップリーグ最年長出場記録達成)コメント

「記録更新は今シーズンの一つの目標だったので、達成できてよかったのですが、チームあっての記録なので、試合に負けてしまったことは残念です。この年齢まで選手としての活動を許可してくださっている会社をはじめ、今日の試合出場を決断してくれたチームスタッフ、これまで自分と共にブルースの歴史を築いてきたチームメイト、ファンの方々や家族など、多くの人たちのサポートによって達成できた記録なので、本当に感謝の言葉しかありません。今季は残り3試合ですが、出場する機会が与えられれば、チームの勝利のために、体を張ってラグビーがしたいです」

 

宗像サニックス ブルース チーム広報
野口眞弓