• 道の駅むなかた
  • 吉野家オフィシャルサイト
  • 健康体力研究所
  • KENWOOD
  • JVC Web サイト
  • ブリーフィング
  • RENAULT JAPON  Official Web Site
  • Michel Herbelin
  • レ・グラン・シェ・ド・フランス
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン
  • 株式会社ゼネラルアサヒ

鳶(カイト)通信
Press Officer Kite Column

No.232 肯定の繰り返しとコーラ戦勝利

2016年06月05日(日)

春シーズンオープン戦 [ 試合結果 ]

2016年6月4日(土)KICK OFF 13:00 福岡県 サニックス玄海グラウンド

宗像サニックス ブルースvs コカ・コーラ レッドスパークス:(前半7:5)

 

(試合メンバー)

1.髙野大智 2.隈本浩太 3.石澤 輝 4.福坪龍一郎 5.西井利宏 6.濱里祐介 7.田村衛土 8.金堂 礼 9.濱里耕平 10.田代宙士 11.屋宜ベンジャミンレイ 12.權 正赫 13.王 授榮 14.カーン・ヘスケス 15.濱里周作 16.星本泰憲 17.ヘンカス・ファン・ヴィック 18.秋田太朗 19.新本 亘 20.下山翔平 21.中村洋平 22.福﨑竜也 23.金川禎臣 24.ドウェイン・スウィーニー 25.森川稔之 26.藤田タリグ洋一

 

(試合経過)

 コカ・コーラのキックオフで試合は始まった。13分、コカ・コーラにトライをとられ、先制された(0−5)。トライが欲しいブルースは、何度もボールを動かしアタックを仕掛け、前半終了間際の39分、敵陣ゴール前のスクラムをフォワードが押し込んで前進し、インゴール寸前でラックとなり、最後は濱里(祐)がインゴールに飛び込んでトライを決め、逆転した(7−5)。このまま7−5で前半を終了。後半、先に得点したのはブルース。8分、自陣10m付近のスクラムからアタックを仕掛け、ボールを継続し、敵陣22m内まで攻め込んで、ラックから、濱里(耕)がラックサイドのディフェンスの空いたスペースを突いて前に出て、走り込んできた西井にパスを繋ぎ、西井がそのままインゴールまで走りきって、トライを決め、差を広げた(14−5)。しかし20分、コカ・コーラにトライをとられ、差を縮められた(14−12)。差を広げたいブルースは、トライを狙い、アタックを仕掛けたが、トライには至らない。試合終了間際に、コカ・コーラに攻め込まれたが、ブルースは体を張った粘り強いディフェンスでトライを許さず、このまま14−12で試合は終了した。

 

チーム広報コラム(232)

「肯定の繰り返しとコーラ戦勝利」

 

 6月4日。雨のなか、本拠地玄海グラウンドで行われた福岡ダービー(オープン戦)。ブルースは、今季トップリーグで戦うことになるコカ・コーラを相手に、14対12という僅差で勝利。オープン戦といえども、接戦をものにした経験と記憶は、公式戦で必ず生きるもの。こうして、良い記憶を一つひとつ積み上げながら、トップリーグ開幕を迎えたい。そう、思います。6月3日に、プロボクシングの元ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリ氏が亡くなりました。彼が残した言葉の一つに、「肯定の繰り返しが信念につながる。その信念が深い確信になると、物事が実現し始める」というものがあります。若い頃は、“ほら吹きクレイ”(*イスラム教に改宗前のカシアス・クレイという名前から)と呼ばれるほどに、大口を叩くことが多かった人。ただ、その大口も、一人でも多くの人に試合を観に来てもらおうとする戦略的で魅力的なものであったし、そうしながら、彼の実力は世界チャンピオンとなるのに相応しいものへと確実に進化していきました。彼の言葉のように、“肯定の繰り返し”から、“信念”、“確信”へと繋げ、目標を “実現”していく……。それがチャンピオンへの道であるとすれば、ブルースも、臆せず、“肯定”を繰り返していきたいと思います。次の試合(オープン戦)は、6月12日、JR九州と、玄海グラウンドで戦います。

 

藤井雄一郎監督コメント

「外国人がまだ全員は出場しないなかでも、自分たちがやろうとしていることができた、内容の良い試合でした。とくにスクラムが良かった。フロントロウが頑張りました。ボールも取り返して、ディフェンスが良かったです。いまやっているなかでは、よく戦いました。これからまた、練習のレベルを上げていきます」

 

田村衛土キャプテンコメント

「雨というコンディションのなか、ミスも少しありましたが、同じトップリーグのチームを相手に、いろいろと試すことができた、収穫のある良いゲームでした。個人的には、課題の残る、考えさせられる試合でした。チームは確実に成長していると思います」

 

宗像サニックス ブルース チーム広報
野口眞弓