• 道の駅むなかた
  • 吉野家オフィシャルサイト
  • 健康体力研究所
  • KENWOOD
  • JVC Web サイト
  • ブリーフィング
  • RENAULT JAPON  Official Web Site
  • Michel Herbelin
  • レ・グラン・シェ・ド・フランス
  • カンタベリーオブニュージーランドジャパン
  • 株式会社ゼネラルアサヒ

鳶(カイト)通信
Press Officer Kite Column

No.216 圧勝と、名前の意味

2015年09月16日(水)

2015 トップキュウシュウAリーグ 試合結果 ]

2015年9月13日(日)KICK OFF 16:00 福岡 サニックス玄海グラウンド

宗像サニックス ブルース vs JR九州サンダース85:7(前半43:0)

 

(試合メンバー)

1.?野大智 2.星本泰憲 3.申 東源 4.西井利宏 5.福坪龍一郎 6.金堂 礼 7.鶴岡怜志 8.ジャック・ポトヒエッター 9.猿渡 知 10.田代宙士 11.屋宜ベンジャミンレイ 12.ドウェイン・スウィーニー 13.王 授榮 14.濱里周作 15.アヒオ シリバ 16.畠山和真 17.高島卓久馬 18.ヘンカス・ファン・ヴィック 19.濱里祐介 20.田村衛土 21.中村洋平 22.金川禎臣 23.名富 朗

 

(試合経過)

 JR九州のキックオフで試合は始まった。ブルースは4分、敵陣ゴール前のスクラムをフォワードが押し込み、最後はポトヒエッターが相手タックラーを弾き飛ばし、インゴールに飛び込みトライを決め、先制した(5−0)。13分、ブルースは敵陣22m付近のペナルティでスクラムを選択。スクラムからポトヒエッターがボールを持ち出し、猿渡、スウィーニーとパスを繋ぎ、そのままスウィーニーがインゴールまで走りきって、トライをとった(10−0)。続く17分、自陣10m付近で相手のミスからボールを奪い、金堂が敵陣10m付近まで持ち込み、ラックから左に展開。スウィーニーが、相手タックラーを次々とかわし、そのまま40mを走りきり、トライを決め、差を広げた(17−0)。その後も、27分、31分、33分、40分とトライを決め、43−0で前半を終了。後半、先に得点したのはブルース。4分、ハーフウェイ付近の相手ボールスクラムで、スクラムからボールがこぼれたとろを確保し、アタックを仕掛け、鶴岡のゲインから、最後は金堂がインゴールまで走りきって、トライを決めた(50−0)。10分、JR九州にトライをとられたが(50−7)、ブルースは21分、敵陣10m付近のラインアウトから王がゲインし、フォローしていたスウィーニーにパスを繋ぎ、スウィーニーがインゴールに飛び込んで、この日4本目のトライを決め、差を広げた(57−7)。その後、ブルースは26分に福坪がトライをとると(64−7)、32分、36分、40分とトライを決め、85−7で試合は終了した。

 

チーム広報コラム(216)

「圧勝と、名前の意味」

 

 JR九州との試合は、85:7でブルースの圧勝。「唯一の失点も、こちらのミスではないものだったので反省材料にもならない。気にする必要のないものでした。前の週の試合と比較すると、全体的にずっと状態は上がってきています」と試合後、藤井雄一郎監督は話しました。ちょうどこの試合の数日前から、北関東と東北を襲った豪雨で、堤防が決壊して氾濫した鬼怒川。その鬼怒川という名前の由来について、「普段は穏やかな流れだけれど、一度氾濫したら、鬼が怒ったような流れになる」ことから名づけられたという説があることを耳にしました。私たちのご先祖様は、そうやって、いろいろなかたちで、私たちに、自然の脅威を伝えようとしてくれたことが、とくに、4年前の東日本大震災以後、気づかされることが度々あります。たとえば、一人ひとりの名前も、そう名づけられた背後には、名づけたご両親の願いやら、伝えたいメッセージがあるはず。“ブルース”もしかり。それは、音楽のブルースから名づけられたもので、周知のとおり、ブルースは、人々が自分の心の奥に潜む悲しみや希望を表現する音楽。そういう願いを持って名づけられたとすれば、チームとして、見ている方々の心に奥に触れるような、そんな魅力的なラグビーを見せられているかということは、いつでも、どんなときでも、勝敗とともに、問われていかなければならないような気がします。ブルース、次の試合は、9月20日、サニックス玄海グラウンドで、福岡銀行と戦います。

 

*この度の豪雨で被災された地域の皆様に、この場を借りてお見舞い申し上げるとともに、皆様が一刻も早く安心して過ごせるようになりますように、チーム一同、心から祈ります。

 

藤井雄一郎監督コメント

「内容的にも数字的にも凄く良かった。唯一の失点もミスではないので、気にしていません。反省材料にもなりません。前回の試合と比べてミスも減ったし、セットの獲得率も上がったので、全体的に上がってきています」

 

田村衛土キャプテンコメント

「セットピースも安定していたし、そこからの良いアタックができていたと思います。次戦に向けて、アタック、ディフェンスのシステムの確認と精度を上げていきます」

 

宗像サニックス ブルース チーム広報
野口眞弓